生秋鮭(イクラ付き)


  たとえば約3kg前後サイズの生秋鮭の場合、個体差はありますが、
  生秋鮭の身は切身にしても、約12枚〜14枚前後 カットできます。

  そして、1匹につき、生筋子が、約300g〜450gくらい入っています。
  さらに、頭と骨で北海道名物、鮭の石狩鍋や、三平汁もつくれちゃいます♪
  



  鮭のムニエル
  1. さけは塩・こしょうをふり、小麦粉をまぶす。
  2. フライパンを温め、油をひいて、生鮭を焼き、
    片面に焼き色がついたら、バターを加えて、裏返し。
    中火にして焼き色をつけ弱火で火が通るまで焼きます
  3. ソースは、好みで、ソテーした残りのバターに、
    山ワサビ醤油でタルタルソースは、マヨネーズに、
    パセリ、ピクルスのみじん切などをあわせて
    簡単にできます。
  4. くし切りにしたレモンや、
    お好みで生野菜を添えると栄養のバランスもばっちり


  鮭の簡単・マヨネーズホイル焼
  1. さけは塩・こしょうをふって味をなじませておきます
  2. アルミホイルで船形を作って、玉ねぎの輪切り、
    ピーマンなどを敷きます。

    そのうえに、塩・コショーした生鮭をのせて、
    マヨネーズをかけて、きのこなどを、上にのせます。
  3. オーブンで焼き上げるか、
    フライパンに水を張って、蒸し焼きにします。




  鮭の三平汁
  1. 鮭のアラに塩をして、
    30分ほど置いて生臭みをとります。
  2. その間に、ジャガイモ、にんじん、玉ねぎ、
    大根など好みの野菜を切っておきます
  3. 30分塩をしたアラは、熱湯をかけて生臭みをとります
  4. 鍋に水をはって、昆布をいれて、
    煮えづらい野菜から入れて行きます。
    沸騰したら、アラをいれ
    野菜や豆腐を入れて柔らかくなるまで煮込みます。
    味付は、シンプルな塩味か、好みで味噌を入れます。
  5. 揚げ際に、長ネギを散らします出汁のきいた、
    美味しい三平汁のできあがりです。


   美味しく保存 秋鮭の味噌漬、醤油漬、粕味噌漬

   保存も出来て、風味もアップします
  1. 生鮭は、30分ほど、薄塩をして、
    水分を出しておきます。

  2. 味噌漬は、味噌多めに、醤油、みりん少々、
    日本酒少々を混ぜて漬け込みます
  3. 醤油漬は、醤油、みりん、日本酒を混ぜて、
    一塩してドリップを出した生鮭を漬け込みます。
  4. 粕味噌漬は、酒粕700gに、赤味噌300gの割合で、
    混ぜてください。好みで、酒やみりんも加えても。

    酒粕は、電子レンジで2分ほど加熱して、
    手で揉み解しても、すり鉢ですりつぶしてもできます。
    よく混ぜ合わせた粕味噌を、バットに敷いて、
    ガーゼをのせ、そのうえに、鮭の切り身を置いて、
    ガーゼをかけて、
    その上にまた粕味噌を伸ばしてのせて
    少し押して漬け込みます
  5. (2)(3)(4)とも、一晩冷蔵庫でねかせたら、
    出来上がり。
  冷蔵庫で2〜3日が食べ頃です。
  長期保存はラップで包んで冷凍保存してください。

  



【 発送は入荷次第、順次お届けを予定しています。 】
表示順
価格| 商品名+|